ホーム > 情報 > 信用することの大切さ怖さ

信用することの大切さ怖さ

お金を借りること貸すこと、どちらにしても人にお願いしようと思ったことは何度もあります。

しかし、お金が絡んだ後の関係性がよじれてしまう恐怖があって、できずにいました。

例え信頼のできる友人であったとしても、本当に守ってくれるかどうかなどその時にわかるはずがないのです。

そう以前から思っていたはずなのに私はSNSで仲良くなった人に突然、お金を貸して欲しいと言われ、3万円ですが貸してしまいました。

そんなに高額な金額ではないが、自分の生活を考えれば安い金額ではありません。

始めは断りました。自分もその金額を渡してしまったら生活するのが厳しいと伝えながら。

しかし、どうしても明日までに必要で誰にも頼れない。お願いだ。と何度も懇願されるとどうしていいかわからなくなりました。

今思えば、あなたをそこまで信頼していない。だから貸せない。なぜ、はっきり言えなかったのだろうかと思いました。

でも目の前で困っていると思う人の前でそこまで強く言えるほど私は強くありませんでした。

必ず来週返してほしい。その口約束で貸してしまいました。

どこがで返ってこないんだと思っていましたが、貸してからその人の連絡先がわからなくなりました。

元々、友達ではなかったし、SNSで知り合った人だったのでこうなることくらい自分で予想できなかったのが今では悔しく思います。

これは私にとっていい教訓になっています。

人を信頼することは大切なことですが見極めていかなければ自分が損するということ。そして、お金に関するトラブルは憎しみさえも作り出すということ。

きっとこの人はどこにいっても同じことを複数の人にしているかと思うと怒りさえ感じますが、それをうまくかわす方法を知っていくことが大切だと思いました。

これからはそれを含めて、貸し借りについて真剣に考えたいと思います。

消費者金融の金利が18%で10万借りる、利子は?

 


関連記事

  1. 信用することの大切さ怖さ

    お金を借りること貸すこと、どちらにしても人にお願いしようと思ったことは何度もあり...

  2. 人気のまつ毛美容液

    今や、スキンケア同様に、まつ毛のお手入れも常識になっている時代です。 一般的なま...

  3. テスト

    テスト記事です。...